2017年5月16日火曜日

4.26 マルマス コパン ワイン会

ウェルカムワイン 
2015ドメーヌ・アー・エ・ペー・ド・ヴィレーヌ ブーズロン    (小林)
  ACブーズロン アリゴテ100

 2009ディグビー・ファイン・イングリッシュ レゼルヴ ブリュット
 シャルドネ65%、ピノ・ノワール18%、ピノ・ムニエ17%   (小林)
世界最高峰のスパークリングワインを目指す英国初のネゴシアンによる極上の泡。ファースト・ヴィンテージは2009年。4年の熟成を経て2013年にリリースされたレゼルヴ ブは、世界的に権威あるスパークリングワインのコンクールで見事3冠を獲得。
中庸なバランスの親しみやすいシャンパーニュでした。

2 2014ドメーヌ・シャルロパン シャブリ プルミエ・クリュ フルショーム
ACシャブリ1級  シャルドネ100%  (岩田)
アンリ・ジャイエの教えを継ぐ、ブルゴーニュ最高峰のドメーヌのひとつ。シャブリ地区のグラン・クリュ地帯よりも北側に位置する最北端の畑の1つ。 樹齢約80年ほどの古樹のブドウを使って造られており、古樹由来の凝縮した味わいを堪能することができるのも特徴です。
非常にバランスの良いワインでもあり、序盤はchablisとは思えない構成のワインでしたが、最終的にはその素性を感じることができました。

3 2015ドメーヌ・ポール・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ
ACピュリニー・モンラッシェ  シャルドネ100%  (春日)
ドメーヌ・ポール・ペルノは1850年の創業以来、常にピュリニー・モンラッシェのトップドメーヌであり続ける造り手のひとつです。現在では創業者の孫とその息子たちの手によって運営されております。村名ワインの枠を大きく越えた素晴らしいバランスとポテンシャルを持った傑作です。所有面積6ha
この作り手は、バランスが良く優しい雰囲気を演出すのが上手いと感じました。
ヴィンテージによる果実の甘さが優先されましたが、繊細でエレガントな造りは、北信シャルドネにも通じるものがありました。


4 2015ドメーヌ・フィリップ・シャヴィ 
ムルソー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム
ACムルソー1級   シャルドネ100%   (前澤)
ピュリニィ・モンラッシェ村の中心部にドメーヌを構え、シャルムの畑は、傾斜が緩く土壌も深くなるため、ワインはより豊満なスタイルとなります。淡い銀色を帯びた金色。魅惑的でクリーミーなアロマ。芳醇だが決して重みを感じさせない香り。繊細でエレガント。
インポーターの弁にあるように、エレガントなタイプのムルソーですが、ヴィンテージ由来のボディもしっかり感じることができました。

5 2014レミ・スガン ヴォーヌ・ロマネ
ACヴォーヌ・ロマネ  ピノ・ノワール100% (前澤)
基本的にはレミ・スガンの畑のブドウを使用するが、ネゴシアンとして栽培農家からもブドウを購入するというドメーヌとネゴシアンの中間的存在となるフレデリック第3プロジェクト。華やかなアロマに凝縮した力強い果実味、エレガントで長い余韻を併せ持つ複雑で魅惑的なワイン。
優しい印象で、若いヴィンテージでも十分に柔らかさを感じることができました。


6 2012フィリップ・パカレ エシェゾー・グラン・クリュ
ACエシェゾー 特級 ピノ・ノワール100%   PP90-92点 (佐藤)
2012年は開花の時期の冷涼な気候と雨の為に、収穫量がぐぐっと減ってしまった年です。6月頃まで雨がちな天候が続きましたが、7月には太陽が戻り、暑くて乾燥した8月と9月の天候で、3050%という大幅な収量減以外は、良好なヴィンテージとなりました。
エシェゾーらしいストラクチャーを感じることができる素晴らしいワインでした。

7 2014シャトー・ド・ペズ
ACサン・テステフ クリュ・ブルジョワ メルロ 48%、カベルネ・ソーヴィニヨン 45%、カベルネ・フラン 4%、プティ・ヴェルド3%、 PP90-92点 (緒方)               
15世紀に設立されたサン・テステフ最古のシャトーとして、また、秀逸なクリュ・ブルジョワとして、高い評価を得ているシャトー。1995年にシャンパーニュ・メゾン、ルイ・ロデレールが買い取り、丁寧なワインメイキングを実践してからは、より柔らかさとフィネスが加わり、遂にはデキャンタ誌で五つ星を獲得するまでになりました!

イタリア産兎のパテ

8 2006シャトー・ポンテ・カネ
ACポイヤック メドック5級 カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー33%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド2%  PP94点 (蒲谷)               
シャトー・ムートン・ロートシルトの向かいの畑という素晴らしい立地にあり、1994年以降見違えるように進化したメドック5級シャトー。栽培面では、シャトー・ムートン・ロスチャイルドに隣接する卓越したテロワールをワインに反映させるべく、2004年からはビオディナミを実践。左岸のシャトーで初めてビオディナミの認定を受けています。
近年、格段に実力も価格も上昇しているワインです。2006ヴィンテージはやや控えめですが、Bourgogne好きにも納得していただけるエレガンスさも兼ね備えています。

9 2000シャトー・ランシュ・バージュ
ACポイヤック メドック5級 カベルネ・ソーヴィ二ヨン73%、メルロー15%、
カベルネフラン10%、プティ・ヴェルド2% PP97   
  (須田)              
ムートンとラフィットに挟まれた、抜群のロケーションを誇る「スーパーセカンド」。現オーナーのカーズ・ファミリーは1939年にシャトーの経営を引き継いで以降、4代に渡りシャトーを管理。代々のカーズ家の功績により、ランシュ・バージュの品質は着実に向上し、現在の高い評価を勝ち得ていきました。造られるワインは、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高いことにより、タンニンが豊富でまろやかさの中にも厚みがあり、力強い味わい。
スーパーセカンドと呼ぶに相応しい端正なボルドーです。このヴィンテージはフランが10パーセントとなっており、柔らかな印象も感じました。


フランス産仔羊は柔らかく、味も深かったです

2017年4月3日月曜日

3.29 マルマス・コパン ワイン会


残念ながら、今回も参加できませんでしたが、会の記録のために保存します。

ウェルカムワイン 
2016ドメーヌ・シュヴロ ブルゴーニュ・ロゼ・キュヴェ・サクラ   (小林)
  ACブルゴーニュ ピノ・ノワール100

 2005アンリ・ド・ヴォージャンシー キュヴェ・スペシアル 1732
ACシャンパーニュ特級  シャルドネ100    (小林)
創業1732年、所有する8ヘクタールはすべてグランクリュ・オジェという、コート・デ・ブランを代表する名門です。「1年のほとんどの時間を畑で過ごしています」というパスカル・アンリは、樹齢40年以上の古樹畑で厳格なリュット・レゾネ栽培に取り組み、極上のブラン・ド・ブランを造っています。
グランクリュ・オジェの樹齢50年以上の区画のシャルドネ100%。創業年を冠した、同メゾンの最上級作品です。ドザージュは約5g/l


2 2010ケンダル・ジャクソン キャメロット・ハイランド・シャルドネ
カリフォルニア サンタ マリア ヴァレー   シャルドネ100%  PP89点 (緒方)
1982年に設立されたワイナリー。この約30年あまりでカリフォルニア屈指のワイナリーとなりました。受賞したメダルや賞がアメリカで最も多いメーカーとして知られています。このハイランドシリーズは、ケンダル・ジャクソンがカリフォルニアに所有する優良地域の”単一畑”のブドウのみを使用するハイグレードなシリーズ。メーカー渾身の1本です。
熟した果実味に上品な樽のニュアンス、丸みがあって余韻も長く、複雑で飲みごたえのあるいいシャルドネです。

3 2012ドメーヌ・デ・コント・ラフォン ムルソー
ACムルソー    シャルドネ100100%   PP89-91点  (岩田)
ムルソーの名門として知られるコント・ラフォンは19世紀から続く由緒あるドメーヌとして知られており、ブルゴーニュ最上の白の造り手として名声を確立しています。シャルムやグットドール、ぺリエール、ジュヌヴリエール、クロ・ド・ラ・バール、デジレなど名だたる一級畑を持つラフォンがそれらの若樹のブドウをブレンドして造られる村名ムルソー。

4 2004ドメーヌ・ジャン・ルイ・シャーヴ エルミタージュ・ブラン       
ACエルミタージュ  マルサンヌ80%、ルーサンヌ20%  PP95 (前澤)
6世紀にわたってエルミタージュのワインを造り続けているエルミタージュ最高峰ドメーヌ。現当主はジャン ルイ シャヴ氏。2004ヴィンテージは,エルミタージュ・ブラン(白)にとっては,とても,とても素晴らしいヴィンテージです。これは、驚く程フルボディで、パワフルなワインで、カンゾウ、カリン、アカシアの花の香が混ざり合ったスイカズラ、ピーチリキュール、ネクタリンの香が広がる。これはゴージャスなワインです。



5 1995レ・パゴド・ド・コス
ACサン・テステフ   PP91点   (前澤)
カベルネ・ソビニオン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド  
メドック格付け2級のコス・ディストゥルネルのセカンドワイン。同じ畑の樹齢の若いブドウの樹を中心に作られています。94年がファースト・ヴィンテージですので、こちらが2作目となります。セカンド・ラベルでないCHコスはパーカーポイントが95点という高評価が付いております。 

6 1995シャトー・ラトゥール
ACポイヤック メドック格付1級  PP96点 (須田)
カベルネ・ソーヴィニヨン74%、メルロ22%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド1%                 
ボルドーの頂点に君臨する5つの第1級格付けシャトーの中でも力強く、濃厚で圧倒的な世界観を誇り、長命なポテンシャルを秘めるボルドーワインの最高峰。1993年よりフランスの富豪フランソワ・ピノーが所有しています。

6 2006シャトー・ラ・コンセイヤント
ACポムロル メルロ 80%、カベルネ・フラン 20%
(蒲谷)             
ラ・コンセイ ヤントは、シュヴァルブラン、ペトリュス、ヴューシャトーセルタンとレヴァンジルなどに囲まれているポムロールの最高のテロワールの一つ。最も特徴的なポムロルの1つであるラ・コンセイヤントは、ブルゴーニュのグラン・クリュのスタイルに近く、豪奢なテロワールの恩恵を受けて、格別なものになっている。アロマの力とエレガントさにおいて並ぶものはいない。このアペラシオンで最もエレガントでみずみずしく、おいしいワインを生産している。(『ボルドー・第4版』より)

8 2011シャトー・テルトル・ロートブッフ
ACサンテミリオン特級 メルロ 85%、カベルネ・フラン150%  PP92-94点    (佐藤)               
このごく小さなシャトーは、現在、世界中の注目を浴びている。最近のヴィンテージには、まぎれもなく、眩惑的なほどの果実味と派手な華やかさがあり、ヨーロッパのワイン批評界からおびただしい数の激賞が寄せられている

2017年3月15日水曜日

2.15 マルマス コパン ワイン会


残念ながら、私は参加できませんでしたが、会の活動記録として保存します。


ウェルカムワイン 
2014ブラウン・ブラザーズ ウィンドミル シラーズ  オーストラリア   
   (小林)
           
 2006ピエール・ジモネ 

スペシャル・クラブ・ブリュット・グラン・テロワール・ド・シャルドネ
ACシャンパーニュ特級  シャルドネ100       (小林)
シャンパン造りをはじめ、現在3代目。素晴らしいシャルドネの産地として知られるコート・デ・ブランのみに畑を所有。ロゼ以外は全てシャルドネ100%のブラン・ド・ブランを手掛ける、コート・デ・ブランのスペシャリストです。ピエール・ジモネのプレステージ・キュベとなるスペシャル・クラブ。クラマンのシャルドネを贅沢に使用。ジモネで最も古いブドウの樹(40年以上の区画。上位2つは、1911年と1913年のもの!)を更に厳選し、ブレンドしています。
☆ 2007ドメーヌ シュヴロ ブルゴーニュ・アリゴテ・キュヴェ・スペシャル・ティユル
ACブルゴーニュ・アリゴテ    アリゴテ100%  (小林)
シュヴロ家は、独自の方法によって、ドメーヌの正面にある小さな区画で、アリゴテの未知の可能性を追求したキュヴェつくりに成功しました。

2 2010ドメーヌ・コシュ・デュリ ブルゴーニュ・アリゴテ
ACブルゴーニュ・アリゴテ    アリゴテ100%    (須田)
白ワインの神様が造るアリゴテ。一般的にはシンプルなワインとなるアリゴテでさえ、彼の手にかかればワンランク上の味わいへと昇華。白いフルーツの熟したアロマやバターのニュアンスで、豊富なミネラルを含んだ複雑かつボリュームのある味わい。凝縮感はあれど決して重すぎず、あくまでエレガントに仕上げられています。

3 2010トーレス ミルマンダ
スペイン D.Oコンカ・デ・バルベラ   シャルドネ100%   (緒方)
ミルマンダの名はコンカ・デ・バルベラの世界遺産ポブレット修道院を守るため、中世レコンキスタの時代に建てられた歴史的遺産、ミルマンダ城に由来しています。土着品種で造られるアロマティックで軽やかな白ワインが主流であるコンカ・デ・バルベラ地区の畑に、国際品種であるシャルドネを持ち込みワイン造りを開始。ブルゴーニュの白ワインの最高峰に君臨するモンラッシェにも引けを取らないと言われるほど素晴らしい余韻と高いポテンシャルを持った白ワインです。

4 2012デュモル エステート・シャルドネ・ロシアンリヴァー・ヴァレー
カリフォルニア/ロシアンリヴァー・ヴァレー シャルドネ100% 
 PP95 (前澤)
カリフォルニアでのブルゴーニュ品種の最高傑作と言われるワイナリーです。ソノマのロシアン・リヴァーヴァレーを中心に、最高の畑のみの葡萄を使って作り出すワインは、1996年設立ながら、既に「カルトワイン」と評価され、アメリカでも入手困難なワインの一つとなっています。

5 2010エリオ・アルターレ ランゲ ロッソ アルボリーナ
イタリア・ピエモンテ DOCランゲ ネッビオーロ100% 
(蒲谷)          
バローロ改革の旗手として、イタリアワインファンのみならず、世界中で評価が高いエリオ・アルターレ。このキュヴェは100%新樽で18カ月熟成の非常にしっかりとしたワイン。偉大なヴィンテージとなった2010年は、なんとアントニオ・ガッローニによって98点という非常に高い評価を与えられています。アルボリーナの畑の葡萄を使用。

6 2005シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリ
ACマルゴー 第3級    PP96点 WS95-100               (佐藤)
カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロー35%、カベルネ・フラン10%プティ・ヴェルド5%、               
畑はマルゴー村の高台にありシャトー・マルゴーの北西に隣接している。マルゴーワインの特徴である深遠でエレガントな果実味を見事に表現しており、芳醇で濃密なタンニンにより甘味な余韻を満喫できるフルボディ。この2005年はシャトーの歴史の中でも代表する仕上がりとなった傑作。

7 2013ダリオッシュ シグネチャー・カベルネソーヴィニヨン・ナパヴァレー
カリフォルニア/ナパヴァレー    カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロー17%、カベルネ・フラン3%、マルベック3%、プティ・ヴェルド2% PP96点(前澤)
ダリオッシュは1997年、ナパに新星のごとく現れたワイナリーです。ウルトラプレミアムワインを造るため、土壌、気候などを綿密に調査してナパ、オークノル、マウントヴィーダーなどに畑を購入、95エーカーの自社畑からとれたブドウのみを使用して最高級のワインを造り出しています。ナパを代表するワイナリーとして国内のみならず、ヨーロッパをはじめ海外でも高い評価を受けています。

8 2009クロ・デ・パプ シャトーヌフ・デュ・パプ       
ACシャトーヌフ・デュ・パプ  PP95     (岩田)
グルナッシュ 55%、 ムールヴェードル 30%、シラー            

クロ・デ・パプを運営しているアヴリル家は、17世紀から続く伝統を受け継ぐシャトーヌフ・デュ・パプの名門中の名門。熟練したスタッフにより収穫の時点から厳しく選果されたブドウは、区画ごとに樽を分けて熟成されます。香りの要素を最大限に成熟させるため、新樽ではなく長年使い込まれた大きな木樽を使用。最終的に、全てのワインを最高のバランスでブレンドして仕上げます。エレガンスと複雑さ、凝縮感に溢れた偉大なワインを生み出しています。